PLG(プロダクトレッドグロース)とは?PLGビジネス成功の秘訣

近年にわかに注目は集めている「PLG」ビジネス、特にSaaS企業で導入され急成長の要因となっています。

PLGについて情報収集をしているあなたは、次のお悩みがあるのではないでしょうか。

  • そもそもPLGって何?
  • PLGとSLGの違いは?
  • PLGビジネスで成功するには?

この記事では「PLGとは何か」「PLGビジネスのポイントはどこか」について解説します。

  • プロダクトが認知してもらえない
  • プロダクト販売戦略としてPLGを検討したい
  • 新しいビジネスにチャレンジしたい

という方はぜひご覧ください。

PLG(Product-Led Growth)とは

プロダクトレッドグロースとは

PLGとは、プロダクトがプロダクトを売る状態を目指す成長戦略です。
「プロダクトをいち早くエンドユーザーに届け、その価値をできるだけ早く体験してもらうこと」がポイントになります。

フリーミアム/フリートライアル

フリーミアムからのステップアップ

いち早く届け、いち早く体験してもらうことが求められるPLGは、始めやすい「プロダクトの無料開放」が生命線と言えるでしょう。

フリーミアムは機能を制限した無期限の無料開放で、フリートライアルは期間を限定した無料開放を指します。

有料化へのステップアップを導きやすい「無料版の設計」がPLGビジネスのポイントになります。

PLGとSLGの違い

PLG:プロダクトがプロダクトを売る
Product sells itself

SLG:セールスがプロダクトを売る
Sales sells product

PLGに対してSLGは、「セールス」による地道な啓蒙活動や、セールスプロセスを重視します。
「いかに早く商談かするか」がポイントになる成長戦略です。

「マーケティングがリードを生成」⇒「インサイドセールスが商談化」⇒「フィールドセールスが受注」⇒「カスタマーサクセスが定着化」するスタイルが一般的です。

プロダクトによって、PLGとSLGの適正は分かれます。

観点PLGSLG
価値の伝え方プロダクトセールス
セールスサイクル短い長い
グローバル展開しやすいしにくい
ビジネス形態プロダクト集約的労働集約的
適する価格帯低単価高単価
フィットするプロダクトわかりやすいプロダクト専門的なプロダクト
CAC低い高い
カスタマーサクセステックタッチハイタッチ
アップデート対象プロダクトセールス手法

始めやすく、体験することによって価値を確認しやすいプロダクトは、PLGに向いていると考えられます。

理解しにくく価値を確認する難易度が高い場合には、セールスによるコミュニケーションを重視したSLGでの対応が必要になるでしょう。

PLGビジネスチャレンジのポイント

PLGに適した仕組み

PLGビジネスを進めるには、以下の仕組みが有効であると考えられます。

  • いつでも自由に契約/解約ができる仕組みがある。
  • ユーザーの利用にマッチさせるオプションがある。
  • FAQ等ユーザーが自分で解決できる仕組みがある。
  • 他のユーザーに勧める仕組みがある。
  • プロダクトのブラッシュアップにつなげられる情報収集の仕組みがある。

プロダクトドリブン

プロダクトファースト

  • プロダクトに磨きをかけることが最優先
  • プロダクトが優れいていればユーザーは値上げに応じる

ネットワーク効果

  • 体験したユーザーから拡散(バイラル・マーケティング)
  • ボトムアップでSMBからエンタープライズに成長

プランの設計

  • 価値を体験でき、かつ、有料版にアップデートしやすい適切な無料版の設計
  • 躊躇せずにステップアップできる契約しやすい有料プラン(内容と価格)の設定

カスタマーサクセス

プロダクトそのものに磨きをかけるだけでなく、顧客のニーズに寄り添い、ユーザーに合った使い方やプランを提案することも重要になります。

カスタマーサクセスは、解約防止にも効果を発揮します。

カスタマーサクセスとカスタマーサポートの違い

カスタマーサクセスカスタマーサポート
目的顧客の成功顧客の満足
対応方法プロアクティブリアクティブ
顧客との関係継続的一時的
売上への貢献するしない

コレオール®でPLGビジネスにチャレンジ

新しいビジネススタイルとして注目されている「PLGビジネス」を担うシステムとしてコレオール®を紹介します。

コレオール®は、大手サブスクビジネスのノウハウを集約して、複雑な仕組みをシンプル化したパッケージです。

コレオールの管理機能

PLGでポイントとなるフリーミアムからステップアップする複雑なプランや追加オプション等は、「商品管理」や「課金ルール」で適切に設定できます。

Webの「マイページ」は、顧客が自由に契約を確認したり変更するときのタッチポイントになります。

Webの「ストア」には、お問い合わせ機能で顧客の声に耳を傾けることや、CMSでFAQ等の追加ページを掲載することも可能です。
コレオール®でPLGビジネスを始めてみませんか?

  • 事業としてサブスクビジネスを推進したい
  • サブスクビジネスを成功させたい
  • システムの導入を早く簡単に行いたい

上記のような課題をお持ちの方は、以下のリンクよりご覧ください。

コレオール® 詳しくはこちら