サブスクビジネスのメリット・デメリット|売り切りビジネスとの違いは?

サブスクリプションビジネスを始めようと考えているみなさん、サブスクビジネスに何を求めていますか?

「競合他社がサブスク始めたので」や「流行ってるから話題作りに」等、キッカケは様々あると思います。今後サブスクビジネスを推進するには、ポイントを押さえてメリット・デメリットを理解する必要があります。

この記事では、サブスクビジネスのメリット・デメリットについて解説します。

サブスクビジネスのポイントは「継続的な関係」

価値提供ループ

サブスクビジネスはモノの「所有」からコトの「利用」へと変化が進む市場や消費者に対して、「顧客との継続的な関係を構築すること」を重視して取り組むことをお勧めします。

サブスクは、顧客の「利用」に対する収益のため、「継続」して利用していただけるサービスを「提供し続ける」ことが重要です。

そのためには、顧客の声をサービスの改善に活用できる仕組みが必要不可欠になります。

サブスクビジネスのメリット

サブスクビジネスのメリットは以下の点が挙げられます。

  • 定期的な収益
  • 顧客の声の収集
  • 効率的なメンテナンス

一つずつ解説します。

定期的な収益

ビジネスの持続化

サブスクビジネスは、定期的な収益を継続して見込むことができます。継続的な収益は経営を安定させ、持続可能なビジネスを実現させます。

顧客の声の収集

顧客とのWebタッチポイント

サブスクビジネスでは、実際に利用している顧客の「生の声」に耳を傾けることができるので、サービスの改善に役立つ情報を得やすい環境と言えます。

また、顧客の利用状況を踏まえた適切なアップセルやクロスセル提案は、成功率が高くなることが見込めるでしょう。

効率的なメンテナンス

サブスクビジネスのメンテナンス

製品が増えれば増える分メンテナンス対応も複雑化します。
サブスクでは所有権を自社で保持するため、製品を入れ替えることで、メンテナンス対象を減らすことも可能です。

サブスクビジネスのデメリット

サブスクビジネスのデメリットは以下の点が挙げられます。

  • 初期投資
  • 離脱リスクと改善コスト
  • 価格競争と差別化

一つずつ解説します。

初期投資

フィッシュカーブ

利用に対する収入を得るサブスクビジネスを始めるためには、事業者側にはその準備としての初期投資が必要になります。サブスクビジネスの開始時は、「コストが先行」することとなり、財務的な課題が生じます。

離脱リスクと改善コスト

離脱リスク

サービスの利用価値が乏しい場合、顧客が「離脱」するリスクがあります。売るのがゴールの製品販売とは異なり、「利用し続ける」ための改善対策が課題となります。

価格競争と差別化

当該サービスの市場がレッドオーションの場合、価格競争に陥るリスクが高く、収益への影響が懸念されます。自社サービスの独自性を訴求する差別化対策が課題です。

コレオール®でサブスクビジネスのデメリットを吸収

サブスクビジネスは、持続可能なビジネスを実現し得る様々なメリットがある一方、デメリットも存在します。

コレオール®は、大手サブスクビジネスのノウハウを集約して、複雑な仕組みをシンプル化したパッケージなので、サブスクビジネスの準備を効率的に進めることができ、「初期投資の最小化」に役立ちます。

コレオールでサブスクビジネスを実現

また、コレオール®の「Webタッチポイント(ストア、マイページ)」を活用することで顧客との関係性を強化し、離脱リスクへの対策や適切なアップデートを行っていく運用を継続していくことができます。

コレオール®でサブスクビジネスの不安を払拭して、持続可能なビジネスにチャレンジしませんか?

  • 事業としてサブスクビジネスを推進したい
  • サブスクビジネスを成功させたい
  • システムの導入を早く簡単に行いたい

上記のような課題をお持ちの方は、以下のリンクよりご覧ください。

コレオール® 詳しくはこちら