後方接近車両検知システム

高速道路の作業員に
安心・安全を

後方からの接近車両を検知して注意喚起する「後方接近車両検知システム」。作業員に安心・安全をお届けします。

第3回
OpenVINO™ツールキットを使用した
開発コンテスト

高完成度賞受賞

高速道路での路上作業の課題

作業員が不足している

作業員不足

迅速に対応できない

迅速に対応できない

もっと安全に作業したい

安全に作業したい

後方接近車両検知システムが
解決します

1台体制で対応可能に

救援要請に迅速に対応

300m手前から接近する車両を検知

夜間でも接近車両を検出できる

後方接近車両検知システムの機能

後方接近車両検知システムが提供する価値をご紹介します。

後方接近車両システムの仕組み
道路認識

1.道路認識

道路面積の大きいエリアを検出します。自動でカメラを制御するため、作業員がカメラ位置を設定する必要がありません。

カーブ等で撮影範囲が限られている場合でも、より遠くの道路を撮影範囲に収めることができます。

特許番号:第6980887号

移動体認識

2.移動体認識

AIモデルにより車両を検出し、後方からの接近車両のみ知らせます。

特許番号:第6980887号

セル・照度変化検知

3.セル・照度変化検知

夜間でも、光の動きにより移動する車両を検出し、接近車両を判断します。

特許番号:第6980887号

距離・速度・進路変更認識

4.距離・速度・進路変更認識

当社の独自AIモデルにより、距離や速度・進行方向を認識します。

距離・速度・進行報告の認識により単純な「接近車両」ではなく、「こちらに気づいていない」等の危険な車両を検出できます。

特許番号:第6980887号

車両検知の動画

道路認識、移動体認識・トラッキング、セル・照度変化等、各種動画を用意しております。
ぜひお問い合わせください。

車両検知の様子

後方接近車両検知システムの実績

フィールド検証

フィールド検証

実運用を想定した、フィールドでの実車検証・年間48回実施。
フィールド検証やお客様との打ち合わせを反映して、柔軟に開発を進めています。

接近車両検知 実車検証

状況

❖AI 動作確認15:00
❖くもり
❖道路形状

  • 直線280mその後左カーブ
  • 起伏無し

❖非常駐車体と類似した路肩に停車

結果

  • 検知ミス(検知しない)は 0
  • 280mで検知
  • スイッチを入れてから検知開始まで75秒程度必要

※ 10m前方、停止車両のエンジンルーム付近で、通行車両があっても十分聞こえる程度。

OpenVINOコンテスト
受賞実績

第2回OpenVINOツールキットによるソリューション開発コンテスト

優秀賞受賞

OpenVINOコンテスト

「分散 AI・協調システム」の提案

第3回OpenVINOツールキットを使用した開発コンテスト

高完成度受賞

第3回OpenVINOコンテスト

「自立分散 Ai プラットフォーム」を活用した「接近車両検知システム」

ご不明な点はお気軽にお問い合わせください。
車両検知の様子を動画でお確かめいただけます。