AppGuard

appguard-eyecatch

AppGuard

AppGuardは、既知未知を問わず、様々なサイバー攻撃からお客様のシステムを守ります。対象機器に負荷を与えない仕様により、機器本来が持つパフォーマンスに影響を与えること無く、ネットワーク環境にも依存せず、強固なセキュリティをご提供致します。

既知未知問わず防御

軽量 (1MB以下)

スキャン不要

アップデート不要

サイバー攻撃の流れと、AppGuardが守るべき領域

①初期侵入

  • 標的型メール
  • Webサイト
  • USBメモリ

EPP製品

②マルウェア感染

  • レジストリ変更
  • ファイル書換え
  • メモリの書換え
AppGuardロゴ

③侵入基盤構築

  • 侵入経路の作成
  • 端末情報の入手
  • 社内環境の入手

EDR製品

④内部調査

  • 他端末侵入
  • サーバ侵入
  • 管理者情報搾取

EDR製品

サイバー攻撃の手法は単一的ではなく、「初期侵入」「感染」「侵入経路構築」「内部情報搾取」⇒「重大な被害発生」というように、段階を踏んだ攻撃が多くなってきております。EPP製品は、マルウェアを指名手配犯とした検察官の様な存在です。 手配書性能があがり、AIの活用や振舞い検知などの機能を有した製品もありますが、検知をすり抜けてしまうと無防備な状態となります。 また、EDR製品は、侵入されることを前提としたもので、警察に例えると鑑識の様な製品です。対策の為に必要な存在ですが、専門的な知識も必要となります。

AppGuard 防御の仕組み

①アプリの起動場所を制御

マルウェアが侵入し易い
UserSpaceからの起動を制限

system space

System Spaceからのみ
②のアプリの起動を許可

user space

②アプリの動作の監視

マルウェアに操られる可能性の有る危険なアプリの動作を制限

アプリの動作の監視

③アプリ監視の自動継承

マルウェアが操る可能性のあるアプリから派生する子・孫のプロセスにも監視を継続

アプリ監視の自動継承

マルウェアは、アプリを次々と踏み台にして、動作を巧妙に隠しながら攻撃する傾向にあります。AppGuardは最初に実行されるアプリから監視を続けて、動作の許可・不許可を判断します。

AppGuard®ラインナップ

AppGuard Enterpriseロゴ

AppGuard Enterprise

対応OS

WindowsXP SP3以降(2023年8月まで対応)
Windows 7
Windows8および8.1
Windows10

AppGuard Soloロゴ

AppGuard Solo

対応OS

Windows7
Windows8および8.1
Windows10

AppGuard価格表

各種ご質問やお見積り、システム導入のご相談などを承ります
ぜひ、お気軽にご相談ください