社員インタビューINTERVIEW

MESSAGE

0から1を生み出すための
挑戦を続けるのが、研究開発です。

研究開発事業部
事業部長

清宮 幸夫 YUKIO SEIMIYA

研究開発事業部ってどんな部署?

革新的な“何か”を開発しています。

MESSAGE

これまでお客様からの受注による要求仕様に基づいたシステム開発を中心に展開してきました。そのシステム開発で得た技術力をベースに創造性のある革新的な“何か”を次々と開発していくのが、私たち研究開発事業部の役割です。新しい可能性を見出していくために、例えば自動車メーカーや通信キャリアなどに携わる他社の方々とも協力。私たちが抱える技術の幅を超え、新しい可能性への挑戦ができる楽しい部署です。

印象に残っている案件は?

すべてが印象に残っています。

MESSAGE

取り組んでいる案件は「i-dio」(日本初のモビリティ向け専用デジタルラジオチャンネル)に関わる共通ソフトウェアモジュールの開発、某メーカーさんと共同で試作している自動車に関するIoE(ユニット)などがあります。また、ビジネスコンテストで優秀賞をいただいたアプリなのですが、海外から訪日された方が特定のアカウントを取得して、wifiを使っておもてなしするシステムの開発も印象に残っています。上記のようにお話ししましたが、日々新しいものから刺激を受けており、すべての案件が印象に残っております。

学生へのメッセージを聞かせてください。

豊かな想像力がモノづくりの資本です。

MESSAGE

約30年前、私が新社会人になった時代には、システムエンジニアという名前は世間に浸透していませんでした。しかし、知られていないからこそ可能性を感じることができ、やりがいのあるフィールドだと感じました。その後、電話からスマートフォンの推移のように私たちの携わっているこの分野は急速に発展し、PCIソリューションズ自体も発展を続けています。学生のみなさまには、そんな発展の流れをうまく乗りこなしていただきたいと思っています。そして、乗りこなすためには豊かな想像力を持ってもらいたいと思います。肩肘はらず、何にでも興味を持って伸び伸びと就職活動を楽しんでください。

1日のスケジュールと趣味

オンとオフが、刺激のある毎日を支えています。

MESSAGE

今は毎日やることが違います。今日はA社とミーティング、明日はB社のCさんに会いに地方出張、という感じです。部署に戻ればヒアリング結果を部下に報告するというスケジュールです。休日はたまにゴルフに行ったり、家族と過ごしたりと、しっかり休みをもらえてます。たまにはムリしたほうがいいときもありますけど、頭を休めることも大事です。